2016おすすめシャーペンランキング!! どのシャーペンが使いやすいかご紹介します


2016おすすめシャーペンランキング!!

どのシャーペンが使いやすいかご紹介します

 

 みなさん、シャーペンっていろいろあってどれがいいのかわからないという人は多いと思います。通販サイトでシャーペンと調べてもかなりの数があってまよいますよね?かなりの数のシャーペンの中から私が厳選しておすすめのシャーペンをお教えします!!

 

 

 

 1位

ゼブラ シャープペン テクト2ウェイ 0.5 MA41

ノックも軽くて重心が指にきてとても書きやすい。芯の滑りも他のシャーペンより非常によくとても書きやすくできている。この価格帯では珍しくフリシャ機能がついており、使いやすさもかなりいい。硬度表示の小窓があり、入れた芯の硬さにあわせてダイアルを調節すれば入れてある芯の硬さがわかるので、何本ももって硬度で使い分けることもできます。重めのシャーペンが好きな人にはちょうどいい。少し軽めのプラスチックボディのタイプもあり、重いシャーペンがあまり好きではない人はプラスチックボディのタイプがおすすめ

プラスチックタイプ↓

ゼブラ シャープペン テクト2ウェイ ライト 0.5 MA42

 

 2位

ぺんてる シャープペン グラフ1000CS

程よい重さでとても持ちやすいです。軽めのボディなので長時間の使用でも使いにくいです。ただ少しノックが固めなので人によっては長時間使用すると親指が痛くなるかもしれません。このシャーペンには柔らかめの芯が合うと思います。硬度表示の小窓があり、入れた芯の硬さにあわせてダイアルを調節すれば入れてある芯の硬さがわかるので、何本ももって硬度で使い分けることもできます

 

 3位

ステッドラー シャープペン 製図用 925 05 0.5mm

ドイツの会社のシャーペンです。グラフ1000シリーズと同じでとても軽いシャーペンです。指先のところがすべてゴムでつくられており滑りにくいです。硬度表示の小窓があり、入れた芯の硬さにあわせてダイアルを調節すれば入れてある芯の硬さがわかるので、何本ももって硬度で使い分けることもできます。グラフ1000シリーズと同じでノックが固めで少し押しにくいのが欠点です。

 

 4位

ステッドラー シャープペン シルバーシリーズ 925 25-03 0.3mm

ドイツの会社のシャーペンです。0.3mmの芯を使うなら一番おすすめのシャーペンです。重さは重めですが0.3mmにしては滑りもらめらかです。ノックは固めです。デザインもシンプルで品がありとてもカッコいいです。硬度表示の小窓があり、入れた芯の硬さにあわせてダイアルを調節すれば入れてある芯の硬さがわかるので、何本ももって硬度で使い分けることもできます。

 

 5位

ロットリング メカニカルペンシル 500 0.5mm ブラック

ドイツの会社のシャーペンです。ペン先が細く、紙との接点がわかりやすくとても書きやすいです。ボディが鉄とプラスチックでできているのですが軽めのシャーペンです。硬度表示の小窓があり、入れた芯の硬さにあわせてダイアルを調節すれば入れてある芯の硬さがわかるので、何本ももって硬度で使い分けることもできます

 

 6位

ロットリング メカニカルペンシル 600 0.5mm ブラック

ボディがすべて鉄でできているのでかなり重いシャーペンです。ロットリング500と同じくペン先が細いのでとても書きやすいです。ボディがすべ鉄なのでかなり高級感があります。硬度表示の小窓があり、入れた芯の硬さにあわせてダイアルを調節すれば入れてある芯の硬さがわかるので、何本ももって硬度で使い分けることもできます

 

 7位

ロットリング ラピッドプロ シャープペンシル ブラック 0.5mm

ロットリング600と同じでかなり重いです。600と比べて一回りながいです。デザインもヨーロッパで設計されたのでかなりいいです。芯の滑りもよくペン先が収納できるのでもしも落としてしまったときにもペン先が破損しにくいです。硬度表示の小窓があり、入れた芯の硬さにあわせてダイアルを調節すれば入れてある芯の硬さがわかるので、何本ももって硬度で使い分けることもできます

 

 

 

シャーペン

他サイトとは違いきちんと自分で触ってレビューしております。

お気に入りのシャーペンは見つかりましたか?自分が持っているシャーペンから厳選して選びましたのできっと満足していただけると思います。皆さんも自分にあったシャーペンをみつけてくださいね!!


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*